2017-09-30

はやと プロフィール更新しました

はーちゃん こと はやと
引き取りより1年が過ぎましたので、プロフィール見直しし、更新いたしました

変更点や、追加事項もありますが、
これから少しずつ詳しく、ご説明していけたらと思っております



【埼玉28-16】シーズー♂はやと 推定10歳~


Point Blur_20170927_130521


■保護日
 2016年7月28日 埼玉県動物指導センターより引き取り

■特徴(仮の名前:はやと)
 シーズー♂ 推定10歳~ 体重7.2kg(適正)

■性格・暮らし
 ・初めて会う人には人見知りをしますが、慣れてしまえば人が大好きなとても甘えん坊な子です。
 ・身体のどこを触っても大丈夫で、攻撃性はありません。
 ・他の犬とは、そつなく過ごせます。
 ・お散歩は大好きで、とても上手に歩きます。
 ・おトイレは、外ですることを好みますが、室内トイレは決まった場所であればできます。
 ・お留守番は、慣れれば上手にできます。
 ・脂性が強く、アレルギー体質もあるため、10日に1回程度のシャンプーケアが必要です。
 ・左眼の瞳孔の縮動がみられず、星状硝子体症がありますが、生活に問題はありません。
 ・軽度の僧帽弁閉鎖不全と三尖弁閉鎖不全がありますが、現在は定期検診のみで、治療の必要はありません。
 ・肝臓の数値が高く胆泥がみられるため、投薬にて様子をみています。

■今までに行った医療行為
 ・健康チェック
 ・血液検査
 ・フィラリア抗原抗体検査(-)
 ・6種混合ワクチン
 ・マイクロチップ装着
 ・検便
 ・尿検査
 ・レントゲン検査
 ・エコー検査
 ・狂犬病予防接種
 ・去勢手術(引き取り時実施済)

■今後行う予定の医療行為
 ・心臓・眼の定期検診
 ・肝臓の治療・検診

■現在の保護場所
 東京都墨田区

 ※預かり日記があります。ご応募の前に必ずご覧ください。

 ・縁~YOSUGA~
 http://raliccyo.blog36.fc2.com/

◆----------------------------------------------------------------------------◆
◆【 応 募 方 法 】
◆----------------------------------------------------------------------------◆
 【1】里親希望の方は、以下のURLに記載してある
  譲渡に関しての注意事項・お願い事項・譲渡条件等を必ずお読みください。
  ●譲渡に関してのお願いと譲渡の流れ
   http://www.alma.or.jp/transfer/index.html 


 【2】上記確認後、「里親希望アンケートフォーム」からの応募をお願い致します。
  お返事には1週間程度のお時間がかかる場合があります。
  どうぞご理解ください。
  ●アルマ里親希望アンケートフォーム
   http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P71002027 

   ※ご質問等ある場合は、フォームの最後の欄にお書き添えください。
   ※先着順ではありません。
    犬の性格・年齢・病気等を考慮し、多方面から検討して、
    新しいご家庭を選ばさせていただいています。

◆----------------------------------------------------------------------------◆
◆【 受 付 管 理 】
◆----------------------------------------------------------------------------◆
 特定非営利活動法人アルマ
 http://www.alma.or.jp/
 alma_office@muse.ocn.ne.jp

2017-09-30

ののさまのこと

とてもとても時間が経ってしまいましたが、
ののさまのアレコレ、やっと書けましたので、
以下にいくつか更新しました

もしよかったら、ご覧いただけたらと思いますm(_ _)m


あの日のこと    コチラ

その前のこと    コチラ

ありがとうございました    コチラ

写真いっぱい    コチラ


2017-09-30

ののさまの秘蔵写真

もしかしたら、載せたことがあるものもあるかもしれませんが、
載せてないもの中心のいろんなお顔のののさまを
もういいよね、ってことで、ちょっと面白いお顔もたくさんです



まずは、引き取り当初のティアハイムでののさまを



こう見ると、約1年前のののさま、若いですねぇ~



ここからは、時期はごちゃまぜになりますが、
我が家に移動してからのののさまです


トリミング編



お湯をかけるとなんだかハズカシイかんじで



支えたら後ろ足でもしっかり踏んばれて



終わった後はねむねむで
私的には、重ねた前肢がツボです



ちょいぶちゃ寝顔編

















本気の爆睡になるほど、なぜか寝顔がちょいぶちゃになるののさま



寝相編



















埋もれてみたり、ベッドの使い方間違えたり、等々
なぜその寝方ってなることも度々で
寝る前に背中グリグリするのも好きで、
たまにそのまましばらくフリーズしていたりして



食べてます飲んでます編



お水は、飲みたい時に、ちゃんと自分で飲みにいってました



チューブダイエットをミルク状にしたものを飲んで、ウマウマなお顔



姪っ子ちゃんに食べさせてもらったり



はーちゃんと2ショット編

















ちゃんと2人が正面向いてるのは1枚だけですが
家では2人並ぶことはあんまりなかったですが、病院の待合室では、よく並んでました



私と母のお腹の上編







こたつが出てたときに、私や母のお腹の上に乗って、一緒にぬくぬく



とにかくののさま編



















番外編



足の裏(笑)



以上、お付き合いありがとうございました

それにしてもののさま、やっぱり可愛いわぁ~

2017-09-30

ののさま、感謝

この記事には、ののさまの最期の姿のお写真を載せさせていただいております。
ご了承ください。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



ののさまが旅立った旨のご報告をさせていただいたところ、
沢山の方々が会いに来てくださったり、沢山のメッセージを頂戴したり、
暖かいお気持ちを寄せてくださいました。

ののさま、沢山の方々に可愛がっていただきました。
我が家来てからはもちろんですが、
引き取りから我が家へ来るまでには、ティアハイムでお世話になっていました。
その際にも沢山のボランティアの方々に可愛がっていただいていたと思います。

皆様に心より感謝いたしますm(__)m



沢山のお花を頂戴いたしましたm(__)m



ももねえさん、ニコちゃん里親様F様、ハルくん里親様W様、
yukarinさん、うびさん、
あーささん、みわさん、Jillさん、ありははさん、Chihiroさん、あしゅこさん、
ばろんさん、きゃんままさん、メグさん、峯さん、美穂さん、タラちゃんさん
アルマ
姉一家、母

素敵なキャンドルと蓮のお花を頂戴いたしました、
しっちー&なごちゃん&のぶおさん里親様peachさん、ずんちゃん里親様




綺麗なプリザーブドフラワーを頂戴いたしました、
がきんちょご両親



里親会で撮ってくださった綺麗なお写真をCD-ROMにして送ってくださいました、
ハルくん里親様W様

御供えを頂戴いたしました、
ちーちゃんさん

また、暖かいお気持ちをいただきました、
あーささん、がきんちょご両親


皆様、ののさまへの暖かいお気持ちを本当にありがとうございましたm(__)m
直接の御礼はさせていただきましたが、
この場での御礼が大変遅くなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。



ののさま、旅立ちの衣装は何にしようかな…と迷いましたが、
おでかけや里親会の際にも着たことがあり、
スカートとレースもついた、女の子らしいお洋服にしました

そして、母からと私からのお花と、
いつものように、皆様から頂戴しましたお花からそれぞれ1本ずついただいて、
皆様のお気持ちと、沢山のお花に囲まれて。

そして、ののさまのトレードマークになっいて、
QOLを上げてくれたカラーも1つ持って。
ご飯とチューブダイエットのミルクを持って。





ののさま、おばぁちゃまだったけど女の子ですからね、
お耳のところにお花飾りつけて、手にはミニブーケ持ってもらって、可愛らしく





がきんちょと私と、そしてはーちゃんで、
我が家の子として、見送らせていただいてきました。

壺のサイズで、斎場の担当の方と、すったもんだありましたが(笑)、
無事に帰宅できました







これまで、我が家の子たちはみんな、傍で看取らせていただいてきました。
ののさまは初めて、病院で院長に看取っていただきました。
そのどちらがいいとか悪いとかいうことではなくて、
その意味をずっと探していました。
すべてのことには意味があると思っているし、
その子が旅立ちの時を迎えるのも、その子その子でタイミングがあると思っています。
だから、その答えがどこかにあるのだろうと、探していました。
でも、きっとそれが本当にわかるのは、
私が再びののさまに逢えた時なんじゃないかと思うようになりました。
7月7日の七夕に旅立ったので、
私の母からは
「わたしのこと忘れるんじゃないよ、って覚えやすいその日にしたのよ」(笑)
って言われましたし、
スタッフさん方からは、
「七夕を選ぶなんて、ののさま女子だねぇ~」
「七夕に院長に看取られて、なんて、院長がタイプだったのかね!?(笑)」
なんて言葉をいただいたり
本当のところはまだわからないけど、
その瞬間を自分が傍で看取らせていただく、ということに
心のどこかで執着していたような私に、
大事なのはその瞬間だけのことじゃないよ、って教えてくれたような気がしてもいます。
また、大切なことを教えてもらったように思います。
やっぱり恩返しをしていかなきゃいけないね、たっぷりと。





私は完璧な人間ではないから、
たらればを考えないわけでもないですし、
考え始めたら、無限ループに陥りそうになることもあります。
でも、その時その時にできることは、沢山の周りの方々のお手を借りながら、
その時に考えうるやれることは、できる限りやったつもりです。
それは、私がいつも思う、
「『ごめんね』じゃなくて、『ありがとう』で送りたい」から。
ただの自己満かもしれません。
ののさまがどう思っていたかもわかりません。
でも、最期にののさまに
出逢ってくれて、うちに来てくれて、一緒の時間を過ごしてくれて、
沢山の愛しい気持ちをくれて、笑顔をくれて、学びをくれて、想い出をくれて
「ありがとう」
と伝えられたこと、とてもとても幸せに思います。

これも、私一人ではなし得なかったことです。
引き取りをきめてくださった代表、
お世話になっておりますくみこさん、
いつも助けてくださるあーささん、
ご来店時には、お世話してくださったスタッフさん方、里親様の皆様、
妹分のことを応援し続けてくださった、らりっちょ家卒業の里親様方、
そして、いつも側で支えてくれるがきんちょ、がきんちょご両親、私の家族、
そして、沢山の暖かいご支援のもと、
適切な医療措置を受けさせてくださった皆様、
暖かい応援を送ってくださった皆様、
をはじめとする、皆々様がいてくださったからこそと思います。
心より感謝申し上げますm(__)m





最後に、ののさまへ。。。
ずっとずっと、大好きです。

2017-09-30

ののさま、その前

ののさま、肝臓・腎臓を患っておりましたので、
そちらの治療もさせていただいていましたが、
それまでも何度か波はあって、一度は危ないこともありましたが、
なんとか回復してくれたりと過ごしてきていました。
が、実は、旅立ちの少し前から、少し調子を崩していて、
週1回の通院をさせていただいていました。
血液検査の数値も少し上昇、食欲もあまりなく、
固形物を口にすることを嫌がるようになっていて。
ただ、「チューブダイエットのキドニア」だけは、とても好きで、
それはしっかりと口にしてくれていたので、
そこに少し療法食の缶詰を混ぜたりしながら、食べてもらったり。
なので、固形物はなかなか食べてくれなくても、
体重は落とさずになんとか過ごしてこれていました。
だから、チューブダイエットも、1箱、買ったばっかりだったんですよね。
結局、それは開けないままになってしまいましたが…。







そして、眼の方もありました。
我が家に移動してくる前に、角膜潰瘍を起こし、
かなり大きな穴ができている状態で。
我が家に来てから、最初にののさまを連れて診察を受けた時、
潰瘍部分がかなり大きく深いこと、さらにののさまの年齢を考えると、
どこまで回復してくれるかはわからない、治らない可能性も高い、
と、先生からは言われておりました。
なんとか少しでも良くなってくれればと、
こまめな点眼をできる限りしていたところ、
完治まではいかなかったものの、だいぶ潰瘍部分も少しずつ小さくなっていき、
涙や目脂も出なくなってきて、改善はみられるようになっていました。
たまに、炎症を起こしてしまうことはあっても、すぐに治まり、
ののさまのトレードマークのようになった、
がきんちょご両親や私の母の手作りカラーによって、
QOLの向上を計りつつ、私の中では、カラーをとれるようになることを目標に、
ののさまにも点眼を頑張ってもらってきていました。
調子もだいぶ良く、見てられる時ならカラーもはずせることも出てきて…、と過ごしていたのですが、
ある日、目が開きづらくなり、診察してもらったところ、
炎症が強いとのことで、強めの点眼を処方され、していたのですが、
いつものようにはなかなか改善せずで、心配をしていたところ。。。
ある日の夜中、その直前までは、何もなかったのに、
ふっとののさまを見ると、目の下に何か白い固まりがついてる…。
えっ、なに、と私はかなり驚きつつも、
そこには、何も気にせずに爆睡しているののさま(笑)






取ろうかとも思いましたが、ちょっと怖かったので、
ひとまずののさまが起きるまで待つことにした私です(笑)
その後、ののさまが起きて、ブルブルっとした時に、
その物体は、ぽーんっと飛びました(笑)
恐々拾ったところ、それは固くて。




あぁ、たぶんレンズかな、と。
実は、最初に診察を受けた時、
破裂の可能性があること、水晶体(レンズ)や硝子体が出てくる可能性があることは、説明を受けていましたので。
いやぁ、でも、初めての経験だったので、ちょっとビビりましたが
その後、あーささんとjillさんのご協力のもと、診察を受けたところ、
やはりそれは水晶体で、白いのは白内障だから、とのことでした。
その水晶体もあーささんが持って帰ってきてくださったので、
今も、私の手元にあります(笑)
ののさまの眼、ずっとずっと頑張ってきてくれていましたが、
おそらく限界に来ていたんじゃないかなと思います。
本人は、いたって気にせず、というか、
むしろ、その直前の時の方が痛そうでしたので、
取れて楽になったように、久しぶりに横になって爆睡していた姿を見て、
ののさまが楽になったのなら、それはよかったのかな、と思いました。



急変が起こる前に、このようなことが起きていました。
考えると、ののさまの身体は、少しずつ少しずつ、
旅立ちのその瞬間へ向けて、準備を始めていたのだと思います。

だからなのかわかりませんが、旅立ったののさまの身体は、
それはそれは、とても綺麗な姿でした

プロフィール

らりっちょ

Author:らりっちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ