2017-09-30

ののさま、感謝

この記事には、ののさまの最期の姿のお写真を載せさせていただいております。
ご了承ください。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



ののさまが旅立った旨のご報告をさせていただいたところ、
沢山の方々が会いに来てくださったり、沢山のメッセージを頂戴したり、
暖かいお気持ちを寄せてくださいました。

ののさま、沢山の方々に可愛がっていただきました。
我が家来てからはもちろんですが、
引き取りから我が家へ来るまでには、ティアハイムでお世話になっていました。
その際にも沢山のボランティアの方々に可愛がっていただいていたと思います。

皆様に心より感謝いたしますm(__)m



沢山のお花を頂戴いたしましたm(__)m



ももねえさん、ニコちゃん里親様F様、ハルくん里親様W様、
yukarinさん、うびさん、
あーささん、みわさん、Jillさん、ありははさん、Chihiroさん、あしゅこさん、
ばろんさん、きゃんままさん、メグさん、峯さん、美穂さん、タラちゃんさん
アルマ
姉一家、母

素敵なキャンドルと蓮のお花を頂戴いたしました、
しっちー&なごちゃん&のぶおさん里親様peachさん、ずんちゃん里親様




綺麗なプリザーブドフラワーを頂戴いたしました、
がきんちょご両親



里親会で撮ってくださった綺麗なお写真をCD-ROMにして送ってくださいました、
ハルくん里親様W様

御供えを頂戴いたしました、
ちーちゃんさん

また、暖かいお気持ちをいただきました、
あーささん、がきんちょご両親


皆様、ののさまへの暖かいお気持ちを本当にありがとうございましたm(__)m
直接の御礼はさせていただきましたが、
この場での御礼が大変遅くなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。



ののさま、旅立ちの衣装は何にしようかな…と迷いましたが、
おでかけや里親会の際にも着たことがあり、
スカートとレースもついた、女の子らしいお洋服にしました

そして、母からと私からのお花と、
いつものように、皆様から頂戴しましたお花からそれぞれ1本ずついただいて、
皆様のお気持ちと、沢山のお花に囲まれて。

そして、ののさまのトレードマークになっいて、
QOLを上げてくれたカラーも1つ持って。
ご飯とチューブダイエットのミルクを持って。





ののさま、おばぁちゃまだったけど女の子ですからね、
お耳のところにお花飾りつけて、手にはミニブーケ持ってもらって、可愛らしく





がきんちょと私と、そしてはーちゃんで、
我が家の子として、見送らせていただいてきました。

壺のサイズで、斎場の担当の方と、すったもんだありましたが(笑)、
無事に帰宅できました







これまで、我が家の子たちはみんな、傍で看取らせていただいてきました。
ののさまは初めて、病院で院長に看取っていただきました。
そのどちらがいいとか悪いとかいうことではなくて、
その意味をずっと探していました。
すべてのことには意味があると思っているし、
その子が旅立ちの時を迎えるのも、その子その子でタイミングがあると思っています。
だから、その答えがどこかにあるのだろうと、探していました。
でも、きっとそれが本当にわかるのは、
私が再びののさまに逢えた時なんじゃないかと思うようになりました。
7月7日の七夕に旅立ったので、
私の母からは
「わたしのこと忘れるんじゃないよ、って覚えやすいその日にしたのよ」(笑)
って言われましたし、
スタッフさん方からは、
「七夕を選ぶなんて、ののさま女子だねぇ~」
「七夕に院長に看取られて、なんて、院長がタイプだったのかね!?(笑)」
なんて言葉をいただいたり
本当のところはまだわからないけど、
その瞬間を自分が傍で看取らせていただく、ということに
心のどこかで執着していたような私に、
大事なのはその瞬間だけのことじゃないよ、って教えてくれたような気がしてもいます。
また、大切なことを教えてもらったように思います。
やっぱり恩返しをしていかなきゃいけないね、たっぷりと。





私は完璧な人間ではないから、
たらればを考えないわけでもないですし、
考え始めたら、無限ループに陥りそうになることもあります。
でも、その時その時にできることは、沢山の周りの方々のお手を借りながら、
その時に考えうるやれることは、できる限りやったつもりです。
それは、私がいつも思う、
「『ごめんね』じゃなくて、『ありがとう』で送りたい」から。
ただの自己満かもしれません。
ののさまがどう思っていたかもわかりません。
でも、最期にののさまに
出逢ってくれて、うちに来てくれて、一緒の時間を過ごしてくれて、
沢山の愛しい気持ちをくれて、笑顔をくれて、学びをくれて、想い出をくれて
「ありがとう」
と伝えられたこと、とてもとても幸せに思います。

これも、私一人ではなし得なかったことです。
引き取りをきめてくださった代表、
お世話になっておりますくみこさん、
いつも助けてくださるあーささん、
ご来店時には、お世話してくださったスタッフさん方、里親様の皆様、
妹分のことを応援し続けてくださった、らりっちょ家卒業の里親様方、
そして、いつも側で支えてくれるがきんちょ、がきんちょご両親、私の家族、
そして、沢山の暖かいご支援のもと、
適切な医療措置を受けさせてくださった皆様、
暖かい応援を送ってくださった皆様、
をはじめとする、皆々様がいてくださったからこそと思います。
心より感謝申し上げますm(__)m





最後に、ののさまへ。。。
ずっとずっと、大好きです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

らりっちょ

Author:らりっちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ