2015-12-04

ねっくんのこと

うぅーーん、卒オフのことも、更新したいのに、なかなかできない

そんな中ですが、
前回、調子がいいですよ、とお伝えしたねっくんのこと、
応援してくださっている皆さまにご報告させていただきます。






まず、腎臓のこと。

どうしても数値があがってしまうため、
自宅輸液が始まりました。

先生から、「やったことありましたよね?」と。
はい、よく覚えてくださってる(笑)
しょうちゃんととみさんで、経験させていただいております
ということで、病院での練習はナシで、
輸液セットお持ち帰り~、となりました

順調におうちでできています
嫌がるかなぁと思っていましたが、
おねむタイムにやれば、まったく問題なくやらせてくれています

おかげで、数値は落ち着いています。


次に、口内腫瘍のこと。

口内腫瘍は、少量の出血が続くようになり、
少しずつ大きくなっていました。
周りの膿も多くなり、臭いも増えています。
診察の結果、やはり進行しているとのことでした。
その影響で、一番近くにある歯が抜けてしまいましたが、
グラグラしている状態は、ねっくんも嫌だったみたいなので、
抜けちゃって楽になったようです
まだ食べることに支障はありません

こちらの腫瘍は、
『黒色腫(メラノーマ)』もしくは『扁平上皮癌』
であろうとの診断です。
断定診断は、今のねっくんにはできませんが、
どちらにしても、悪性のもの。
前者であれば、悪性度は高いです。

消毒を続けることしかできませんが、
今のところ、食べることに支障がないことが救いだと思っています。


次に、腸管型リンパ腫、それに伴う貧血のこと。

腫瘍自体は、毎回エコーで診ていただいていますが、
大きさに変化はみられず、大きくはなっていません。

貧血は、輸血後、ずっと調子がよかったんですが、
先週の診察で、数値の急降下が起こってしまいました。

ステロイドを最大量からほんの少し減らしてはいたのですが、
それだけでこの降下は考えづらい…とのことで、
ステロイド自体が効かなくなってきているのかもしれないとの診断でした。
ひとまずステロイドを最大量に戻したところ、
今回(12月3日)の診察では維持ができていました

どこまで維持していけるのか、こればかりはわかりませんが、
見守っていきたいと思います。


そして、新たなること。

11月31日の早朝、発作を起こしました。
3:40、5:30と続いて、協力病院の開院時間を待って9時に電話、
ひとまず様子を見て、再び発作が起こるようなら診察に、とのことでした。

その後、10:30に再び発作。
すぐに病院へ連絡、向かいました。

血液検査やエコーを行いましたが、
原因と思われる要因は見当たらなかったため、
おそらく脳からのものであろう、との診断でした。
発作止めのお薬と、次に発作が起こった時のための座薬が処方されました。

その後帰宅して、13:30に再び発作が起こり、座薬を使用。
その後は発作は起こっていません

ただ、その最後の発作以降、
前肢が力が入らなくなり、ほぼ動かなくなりました。
そのため、自力で立ち上がることも、歩くことも、できなくなりました。
また、うっすらと見えていた眼は、まったく見えなくなりました。
そして、水分の嚥下が弱くなりました。

それらの状況から、3日(木)の診察にて、
腸管腫瘍もしくは口内腫瘍、どちらかからはわからないですが、
脳に転移しているのであろう、との診断となりました。

ねっくん自身、急に動けなくなってしまった身体に戸惑っているようで。
動きたいよ、って意思を示してくれるので、
なるべくその意思を尊重できるよう、お手伝いをさせてもらっています。

おむつ(マナーバンド)をつけざるを得ない状況から、
膀胱炎と思われる症状も出てしまっていますが、
そちらは致し方ない部分もあるとのことで、
お薬で対処させていただいています。






今のおうちでのねっくんは、

医療面では
1日2回、1回9種類の投薬
1日4回、1回2種類の点眼
1日1回、120㏄の輸液
1日2回、口内腫瘍の消毒

そして、日常生活のお手伝い。
一般的には、介護状態といえるのかもしれません。

でも、食欲はしっかりあって、
偏食は相変わらずではありますが、
毎日好きなものをたくさん食べておりますよ


こんな風にお世話させていただけるのも、
本当に皆さまの暖かい支えのおかげです。
本当にありがたいことです。

ねっくんとのこんな時間をもたせていただけている私は、
本当に幸せ者ですね
感謝感謝の気持ちでいっぱいです

私にできることは、精一杯にねっくんのお世話をさせていただく、だけです。
ねっくんとの時間があとどれくらい与えられるのか、
正直、どの病状が先に作用してくるかもわからないですし、予測もつきません。
どうか皆さま、見守っていていただけたら嬉しいです。



こんな風に



ゆっくりまったりと



白眼になりながら(笑)、
穏やかな時間が流れていきますように。。。



PS.
状況をお知りになった皆様から、私のこともご心配いただいておりますが、
若干の腰痛と(笑)寝不足ぎみではありますが、
それも私にとっては幸せな時間であって、
まったく大変なことは何もありませんので、
ご心配なさらないでくださいね

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ねっくんのお手伝いができるのが、
幸せと、おっしゃること。よくよく
お気持ちわかります。私もちょうど、
1年くらい前に、毎日お手伝いを
いっぱいして、愛犬は神様の元に
行きました。ねっくん。幸せですね♪
ねっくんのお手伝い。
ありがとうございましたm(__)m
プロフィール

らりっちょ

Author:らりっちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ