2013-12-06

とみさんの今

とみさん、昨日、協力病院にて診察を受けてまいりました

とみさんは、1週間もしくは2週間に1回の診察を受けさせて頂いています
こうして適切な医療を受けることができるのも
皆様の暖かい御支援のおかげです
本当にありがとうございます


nP1270399.jpg


さて
とみさんですが、
実はこのところ、徐々に色々な症状がみられるようになってきました


日常生活のなかでは、食欲はあるものの、食が細くなってきています
体重も落ちてきてしまい、今日の診察では1.8kgでした

以前は、御支援で届いた栄養価の高いa/d缶をわけていただいて食べていたのですが、
下痢をするようになってしまい、使えなくなってしまいました
それからは、i/d缶、p/d缶(あーささん、ありがとうございます)、退院サポート、シーザー仔犬用、
といろいろなものを試してきましたが、どれもスプーン1杯ほどが限界
それ以上は、下痢をしてしまいます

今は、手作り食(固形物は食べられないので、全部ミキサーにかけて流動食みたいに。これだと下痢しません)
をメインに、
缶詰をスプーン1杯ほど足して、食べてもらっているのですが・・・

1回に食べられる量自体が減っている上に、
手作り食だと、なるべくカロリーを考えてはいるのですが、
どうしても低くなってしまうので、痩せてしまうんです・・・

昨日、先生とご相談
食べないことによる腎臓への影響(下記に記します)も大きく出てしまっているため、
一度整腸剤を使い、お腹を整えながら、栄養価の高い缶詰の量を増やして、
食べる量、そして摂取カロリーを増やせるようにしていく方向になりました
これで様子をみます。

みなさま、
何かいい手作り食の食材、または栄養価の高くお腹にいい缶詰はご存知ないでしょうか
缶詰は、今は、あーささんがくれたp/d缶をすりつぶし、水でのばして使用中です


nP1270402.jpg


大きな発作は、前回起きて以来、ないのですが、
小さな発作(チック)のようなものは、毎日みられるようになりました
これは、“なんらかの”脳疾患によるものです。
この“なんらかの”を調べることは、とみさんにはできませんし、
する予定もありません。
対処療法をさせていただいております

肢への神経症状も出るようになり、
起き上がれなかったり、転んでしまったりすることも出てきました
なので、とみさんルームを改装しました

それでも、自分で動きたい意志がとみさんにはあるので、
らりっちょはそれをお手伝いする、という生活です


nP1270589.jpg


腎臓の数値が悪く、活性炭のお薬にて治療を受けさせていただいてきたのですが、
毎度の血液検査で、多少上下することはあるものの、
ある程度は保ってこれていました

しかし、今回の検査にて、腎臓の数値が跳ね上がってしまっていました
(BUN:113)

これは、単純に腎臓の悪化だけでなく、
食べる量が減っていることによるもの、またそれに伴う脱水も原因と考えられるそうです。

あまりにも高い数値でしたので、今回は輸液をしました。
そして処方は、まずは食餌量を増やすための処方となりました
今後、数値が下がらないようでしたら、おうちでの輸液も考えていくことになりそうです。
(うーーーん・・・しょうちゃんはイイコにしてくれてたけど、とみさん大丈夫かなぁ


nP1270384.jpg


と、なんだか悪いことばっかり書いちゃいましたね
いや、まぁ、事実は事実なんですけど

でも、とみさんは今日も
よく寝て、よく回って、一生懸命食べて、ちっこしてうんぴして、
毎日をまっすぐに過ごしています
もうね、可愛くて可愛くて、たまらんですゼ

高齢の子ってね、高齢の子にしかない、
独特の可愛さがあるって思いませんか
コレ、きっとわかってくださる方はいるハズ


このところのお決まり衣装は、
洋服 + 腹巻
寝るときはこれに、
+ ちゃんちゃんこor着る毛布
という、ハイセンスな格好です

ちゃんちゃんこ、がきんちょのママさんがリメイクしてくださいました
ありがとうございます

nP1270625.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

参考までですが。高タンパクの食材は必ず熱を加えた卵がすばらしいそうです。特に白身と聞きました。肝臓にも影響ない食材と聞きました。後は豆腐も良いそうです。
うちは高齢で心臓が悪いのですが、魚は青魚を骨ごと圧力鍋で1時間煮ています。心臓サポートのドライフードを与える総量の1/3に、沢山の種類の野菜を赤身の豚か鳥のササミか馬肉を入れて煮ています。そこに青魚をトッピングしたりしています。完全手作りでしたが、心臓が悪くなり痩せて行くのでドライフードを使用するようにしましたら体重が増えました。
腎臓ですと利尿効果のある食材も必要になるのですよね。
私は須崎恭彦先生の食事百科は参考になりました。
とみさん、病状が早く落着くと良いですね。
プロフィール

らりっちょ

Author:らりっちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ