2010-05-19

ダックスさん

もうご存知の方もおられると思いますが。。。


城南島のセンターより、13日引取りのダックスさん2頭。。。


ケイトさんのブログ  『厳しい現実』  と  『厳しい現実、追加』

ブンママさんのブログ  『城南島センターより引き取り』  と  『ダックス・・・その後』

の記事をご覧いただければと思います。

少し痛々しい写真もありますが、事実として目にしていただけたらと思います。



本日、ブラタンちゃんが、K動物病院より退院して、
ケイトさんがお迎えに行ってくださり、シャンプーに来てくれました

いざ、クレートから出てきたブラタンちゃんは・・・

まぁ~~~、よく動くこと
なかなかカメラにおさまってくれません(笑)

シャンプー前に撮れたのは、この1枚のみ
DVC00078B.jpg
ブレブレッ

この写真だと、ちょっとわかりづらいと思いますが、
かなぁ~り、ガリガリです
肋骨のあたりや、腰、お尻のあたり、骨がでてるのがわかりますか
印象は・・・『骨と皮』ってかんじでした


とっても人懐っこいお嬢さんです
とっても可愛らしいです~


お顔に傷や手術跡があるので、
今回はお顔以外のシャンプーでしたが、
すごくおりこうにしていてくれました

ブロー中は、自ら横にゴローンとなってくれてしまって、
<写真が撮れなかったのが残念
こちらを見つめてくれたり、気持ち良さそうなお顔をしてくれたり、
ちょっと毛玉があったりもしたのですが、とてもよく頑張ってくれました


終わった後に、カシャッ
じっとしててくれず撮れないので、ケイトさんにおさえてもらって(笑)
【ちょっと痛々しく見えてしまう写真かもしれないですが】


DVC00076B.jpg DVC00077B.jpg

ケージでお鼻をこすってしまったようで、ちょっと赤くなってしまってましたが、
これはしばらくすれば、落ち着いてくると思います




上にご紹介させていただいた記事にもあるように、
このコたちには、明らかなる人為的虐待による傷をおっています。

絶対に痛かったはず。
絶対に辛かったはず。
絶対に苦しかったはず。
絶対に悲しかったはず。

それでも

くんくんと楽しそうに歩いてくれるんです。
『おいでぇ~』と呼ぶと、小走りで走ってきてくれるんです。
なでなですると、気持ち良さそうなお顔をしてくれるんです。
抱っこをすると、身体をゆだねてくれるんです。

人を好きでいてくれるんです。

痛い目にあわせてしまったのも、人間なのに、
人間、悪いやつだけじゃない、ってわかってくれているようで、
ありがたい想いと、でもだからこそ申し訳ない想いが沸いてきた、らりっちょでした。


だけど、
一生懸命においをかいで、写真を撮れないくらい動き回ったり、
走りよってきてくれたり、
まっすぐな瞳をこちらへ向けてくれたり、
そんなブラタンちゃんを見ていたら、
ずっと前を向いている気がして、
私なんかより、ずっとずっと強いんだなって思いました。


あなたの命が、今ここにあって本当に嬉しい
そう感じました。
出逢う保護犬さんたち、みんなに思うことなんですけどね


私は、
ブラタンちゃんから、とても大きなエネルギーをもらった気がします。





みんなを救ってくれたのは CATNAP です

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

はじめまして。

あなたの命が、今ここにあって本当に嬉しいそう感じました。

文章の中に、この言葉を見た時に涙が出てきました。

この子そのものを、ありのまま受け止めている、温かくて
優しい血の通った気持ちを、感じたからです。

同じ犬種、色、年の子を飼っているためか、この子に気持ち
が行きます。

純粋な子ですね。
瞳の輝きを見ていると、この子を通して、誰かだけが幸せに
なるのではなく、みんなが幸せになっていかないと、自分より
弱いものを大切にする気持ちは、人には育っていかないかも
しれない、と思いました。

子供の頃から、みんなでその気持ちを育てて、優しさが
優しさを呼び寄せるような世の中に、自分たちでしていく意識
が、定着していけば、人にも動物にも、豊かな社会になるの
に、と思います。

ダックスちゃん
いっぱい食べて、いっぱい太って、あなたが、どなたか幸せな
ご家族の、大切な「うちのこ」になれる日を、心から願って
いますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

>みささん

はじめまして。

この子に実際に会うまで、心のどこかでとてもドキドキしていました。
でも、いざ会ったこの子は、
まっすぐに人間を見つめてくれる、とても純粋無垢な子でした。

わんこさんたちから学ぶことが、本当にたくさんあります。
いつも、感謝の気持ちでいっぱいです。

人間が変わっていかなければ、
こんな風な動物たちの問題の根本解決はできないですね。
そのために自分ができること…もっと考えなければと思いました。

ダックスちゃん、まだ協力病院に滞在中ですが、
看護師さん達から可愛がっていただき、元気にしているそうです。

コメントありがとうございます

>鍵コメさん

ご連絡先がわからなかったので、こちらでお返事させていただきます。

センターでの収容情報で気にしてくださっていたんですね。
この子たちが今、この同じ時を刻めていること、本当に嬉しいです。

怖い思いも、悲しい思いもたくさんしてきたと思うので、
これからは、楽しい気持ちを、嬉しい気持ちを、幸せな気持ちを、たくさんたくさん感じてほしいと思います。

愛情を持ってその子の生涯を共に過ごす、それが一番シンプルかもしれないけれど、一番大事なんじゃないかなと思います。
それを飼っている皆さんが本当にしてくれたら、少なくとも一般家庭から放棄される子はいなくなるはずですから。

鍵コメさんのおうちの子たちv-286、幸せですねe-343
プロフィール

らりっちょ

Author:らりっちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ