2016-08-21

なごちゃん

約3年前、初代預かりっ子のしっちー亡き後、
ママさんパパさんに、そしてしっちー兄ちゃんに、見初めてもらって、
迎えていただいたなごちゃん、
2016年8月19日、
大切に大事にしていただいたご家族のもと、旅立ちました。






体調を崩してからというもの、本当に細かくご連絡いただいて、やりとりさせていただいて、
ママさんパパさんに、たくさん手をかけていただくなか、
なごちゃん、本当によく頑張りました。
本当に立派に頑張りました。
もちろんそれは、ママさんパパさんの大きな大きな愛情があってこそ。
その基盤があったからこそ、なごちゃんは頑張れたんだなと思います。


思わぬ行動が出てちょっと大変だったトライアル。
正式譲渡後すぐに、眼摘となってしまい、沢山のご心配とご心労もおかけしてしまいました。
その後は、段々と身体も落ち着き、心を預け、自信と安心にあふれ、
どんどんと穏やかな優しい顔になって、感情表現ができるようになって、体を預けるようになって。
年齢を重ね、諸々とでてきても、絶対の信頼のもと、
なごちゃんはなごちゃんらしく、過ごさせてもらってきました。

折に触れていただくご連絡やお写真や動画には、
そんななごちゃんで満ちあふれ、自然と笑顔にさせていただいてきました。





ママさんパパさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
なごちゃんを家族にしてくださって、息子ちゃんにしてくださって、
大事に大切にしてくださって、沢山の愛を注いでくださって、
なごちゃんを幸せにしてくださって、
本当に本当にありがとうございました。






なごちゃんは、ご縁をいただいてからティアハイムから我が家へ移動したので、
私がなごちゃんと一緒に過ごしたのは、約1ヶ月ほどでした。
それでも、やっぱり時間なんて関係なく、なごちゃんも私の大切な可愛い預かりっこちゃん。

6月にのぶおさんのお届けの時に久しぶりにあったなごちゃん。
もちろん歳は重ねていましたが、その姿は、沢山の愛のもと、自信に満ちていて、とってもとっても可愛くて。
もう休みなよっていうくらい、いっぱい歩いて見せてくれて、元気な姿を見せてくれました。
あの時に会えたこと、しっちーとのぶおさんに感謝しなきゃだね。
ありがとうね。

すぐに飛んでいきたい気持ちでいっぱいで、それもできないことに申し訳なさでいっぱいですが、
この場所から、気持ちだけはいっぱいにして飛ばします。

なごちゃん、出逢ってくれてありがとう。
なごちゃん、沢山のことを教えてくれてありがとう。
またね。






のぶおさん、たのんだよ。




スポンサーサイト
2016-08-09

自宅デビューの日

晴れてフリー解禁となったはやと
解禁まではお店のみで過ごしていましたが、自宅の方も解禁となりました
(お店だけでも、閉店後もちゃんと一緒にいますので、ご安心くださいね)



はじめは、ウロウロウロウロと、色んなところを探検し、
なかなか落ち着くことをせずに過ごしていましたが、
しばらくすると。。。


ふせをしてキッチンを見つめてみたり


(テーブルの足がかじられてるのは、ノンちゃん(ウサギ)かライが仔犬の時の置き土産)


自らベッドを見つけて、入ってみたり






ごろーんと横になってみたり




さほど戸惑うことなく、過ごしておりましたよ

解禁して数日、今はまだ、私が一緒にいないと落ち着かないそうですが、
私が外出時には、自宅で母と待っていてもらうこともあるので、
少しずつ慣れていってくれるように、そんな時間も増やしています
ベッタリさんタイプな子なので、
トライアルの時のためのちょっとした練習にもなるかな~なんて
(ちょっと気が早いですけどね)



昨日は、偶然だとは思いますが、ちゃんと枕を使って寝ておりました(笑)




写真撮ってたら、起きちゃって、迷惑顔されちゃいましたけど



2016-08-06

はやとのお部屋

お店でのはやとのスペースを新たにしました





大きさは今までとほぼ変わりませんが


と、同時にフリー解禁となりました

フリーで、置いてあるベッドを見つけて、
何の迷いもなく入って寝てました





ベッド、知ってるんだねぇ~。。。


扉を開けてても、自分から入って休んだりもしてますよ







はやと専用のベッドがまだ用意できていないので、
今はフカフカ毛布数枚重ねの、即席ベッドです
専用ベッド、早く用意しようね

完全フリー生活になる子の多い、我が家預かりっ子さんたちですが、
諸々の反応がまだ掴めていないところもありますし、
はやとは今のところ、フリーとケージの併用でいこうかなと思っております

2016-08-05

雷は苦手。。。

先日(火曜日だったかな?)、午前中に雷雨となった日がありました


少し音に敏感な傾向のあるはやと。
雷はどうかな…と思っていると、
遠くに聞こえはじめたら、気にしはじめる素振りを見せていて。

段々と近づいてきて、音が大きくなってくると、
サークルの中で、バタバタバタバタとしはじめて、
ハァハァハァ。。。と…
こちらが心配しすぎると、わんこさんも余計に心配になってしまうので、
「はいはい、大丈夫、大丈夫」と対応していたのですが、
どんどん音が大きくなるにつれ、様子がひどくなり、呼吸も荒くなり。。。
ついには、サークルを噛みはじめた

こりゃパニック状態かな、というかんじだったので、
サークルから出し、抱っこをして落ち着かせていました。

抱っこしていると、心臓はバクバクしていて、気は張っているものの、
様子は少しずつ落ち着いていきました



〈ゴロゴロしてるデスヨ。コワイ。。。〉


そこからどのくらい抱っこで過ごしたでしょうか…
完全に音が聞こえなくなるまで、お膝で過ごしたはやとです



〈はぁ。。疲れたデス。。。〉


その後はサークルに戻り、疲れきったようにぐっすり眠るはやとでした




2016-08-04

初期診察

お名前ですが、「はやと」で正式に決定いたしました
改めまして、よろしくお願いしますm(__)m
呼び名はいまだ迷走中ですが…
結局無難なかんじになりそうな予感です



さてさて


引き取りの日だった7月28日、トリミング後、
いつもお世話になっている協力病院へ診察へ
その結果のお話を



〈待合室にて、がきんちょのお膝で待機中〉


一通りの健康診断と、気になる箇所を診ていただきました


実は、引き取り前の情報で、
背中に出来物があり、それが心配、との情報をいただいていました。
診ていただいたところ、良性のものなので、心配はないとのこと
よかったよかった


血液検査の結果は、
肝臓の数値が高い状態でした。
こちらは、引き取り直後ということもあるので、
しばらく落ち着いた生活をした後に、再検査、
その結果次第で対処していく、ということになりました。
その肝臓の数値以外はすべて正常値内で、優秀な結果でした

肝臓の数値が高いことから、エコー検査になりましたが、
エコー上では、肝臓に特に問題は見られないとのことでした

ただ、腎臓の方が少し気になる状態とのことで。
血液検査の結果は問題がないので、多飲多尿がないか、様子見となりました。


そして、気になっていた眼。
左眼の瞳孔が開いている状態のまま、縮動が見られないとのこと。
これは、眼が見えなくて動かない場合、何らかの原因で瞳孔が動かない場合、
と考えられるそうなのですが、
はやとは、反射には反応がある為、見えてはいるとのことです。
ですので、ということになるわけですが…。
この原因としては、多岐に渡るそうで、判断が難しくなるとのこと。
考えられる原因を1つ1つ検証して、それでも当てはまらなければ、
年齢からくるもの、と診断されることもあるそうです。
まずは、可能性として考えられる原因の、他の症状があるか、
様子を見ることになりました。

ただ、はやと本人は、気にする素振りもなく、
今のところ生活に支障はまったくありません


以上、今のところ、様子見となった箇所が3つです。
今月末に再診がありますので、またご報告させていただきますね



〈怒濤の1日の最後だったので、待っている間に眠くなっちゃった


こんな風に書くと、色々とある子。。。に見えがちですが、
はやとは、今日現在、特に大きな症状などもなく、元気いっぱいに過ごしております

はやとは、引き取り時にすでに去勢が済んでいましたし、
歯も、麻酔をかけて処置する必要があるものはない、との診断ですので、
今のところ、麻酔をかけての手術の予定はありません。

ですので、様子見の箇所が明確になってくれれば、
募集準備万端といけるかな…と思っています



あ、ちなみに、
診察台の上では、バタバタと「おろして~」なかんじで
保定してくれた看護士さんにしがみついておりましたとさ(笑)

プロフィール

らりっちょ

Author:らりっちょ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ